株式投資で大金を用意できない?なら単元未満株があるよ

f:id:Shinobee:20190412222752j:plain

単元未満株なら100分の1の価格で取引できる

単元未満株は1株から取引できる

ハイどうも。初心者投資家Shinobeeです。
今回は初心者向けに単元未満株について説明をしていきたいと思います。

株式にも取引する際の単位があり、これを単元(たんげん)と呼びます。株式は最低取引単位が決まっていて基本的に100株単位で取引されています。

この単元数に株価を掛けたものが、株式の購入に必要な金額となります。

最低購入資金のカンタンな計算式
例えばですが、株価が1,000円の銘柄であれば1,000円×100(株:1単元)=100,000円が株式の購入に必要な金額となります。

以前までは株式の購入単元は銘柄ごとにばらつきがありましたが、2018年10月1日に東京証券取引所をはじめとする各証券取引所が、投資家の利便性向上のため単元数が100株に統一されました。

とは言え、株式の購入費用に数万~数十万円を用意するのが難しい人、少額で投資を始めてみたい人などいるはず。そこで便利なのが単元未満株です。

通常の株取引では売買する際の最低単元株数が決まっています。
しかし単元未満株では1株から売買ができるため、単純に購入費用も100分の1となるため資金の少ない人や、少額から株式取引を始めてみたい人向けです。

とても簡単に説明すると、100株1セットで取引できる株式を1株ずつ購入できるようにばら売りにしたものとも言えます。
ちなみに単元未満株を扱っている証券会社は『SBI証券』『カブドットコム証券』『マネックス証券』の3社になります。

f:id:Shinobee:20190402174359j:plain

簡単に説明すると株のバラ売り

単元未満株のメリット・デメリット

その単元未満株ですがメリットとデメリットがあります。
メリットとデメリットをまとめてみました。

単元未満株のメリット
  • 1万円以下で取引できる銘柄が多い
  • 株式取引の練習になる
  • 配当金がもらえる
  • 単元数に達すれば優待がもらえる

ではつづいて単元未満株についてのデメリットは何かというと

単元未満株のデメリット

  • 手数料がかさんでコストになる
  • 取引できる証券会社が限られる
  • 単元数に達するまで株主総会への議決権がない
  • 最初のうちは利益が少ない

以上、単元未満株についてまとめてみました。これから株式投資を始める人の参考になれば幸いです。
今日はこれにて。さようなら!

shinobee

とりあえず単元未満株で取り引きの感覚をつかむのもアリかもね
※投資には元本割れのリスクがあります。投資対象および商品の選択など、投資にかかる最終決定はご自身の判断でなさるようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です