想定以上に長生きする時代をどう生きるか【テレビ番組を観て思う事】

f:id:Shinobee:20190423193906j:plain

今は長生きが普通になっている時代

ハイどうも。初心者投資家Shinobeeです。

今日は仕事が休みだったのでテレビ番組を観ていたのですが、TBSテレビで『この差ってなんですか?』で特集が組まれていました。

元気ご長寿の食事法についての回だったのですが、最近のTVに登場するご長寿は90歳ぐらいは当たり前で100歳を超える方もいました。

最近の長寿はマジで元気

テレビ番組に限った話ではないですが、最近のシルバーさんはホントに元気です。

僕の職場でもトイレ清掃に入るシルバーさんたちがいるのですが80歳ぐらいの方でも、デッキブラシを片手に清掃に励んでいる姿をみると本当に80歳なのか?っていうぐらいにバイタリティーに溢れていますから。

しかし、高齢になっても働くという事はやはり年金だけでは生活費が賄えていないという事に他ならないでしょう。

年金の支給開始年齢が65歳に引き上げられた昨今、このまま長生きする高齢者が増え続ければ、今の若者が年金を受給できる開始年齢もいつになるか判りませんし、受給額も減るかもしれません。

もちろん長生きは良い事ですが、それは長生きできるための生活費が賄えてることが前提です。

長生きするにはお金が必要?

長生きするという事は裏を返せば、それだけ生きるために必要なお金が必要になるという事に他なりません。

かなりおおざっぱな計算ですが例えば、65歳で仕事を引退したとして夫婦で月20万円生活費に消えるとすると

200,000×12ヶ月=2,4000,000円

1年間で240万円もの生活費が必要となります。これに年金を加えて月30万ぐらいでしょうか。夫婦でゆとりある老後を暮らしたいなら月にこのぐらいは必要でしょう。

しかし先にも述べた通り長生きするお年寄りが増え、出生率が下がり人口が維持できない場合、年金制度が崩壊する可能性もあるでしょう。
今では100歳近くまで寿命が延びており、長生きすることがリスクにもなりつつあります。

まさかこんなに長生きするとは思わなかった…。などと長生きすることで自分を苦しめないためにも、自分で若いころから資産を作ることが大事だと言えます。

年金が万が一にも崩壊することはないとは言えないので、若いころからの備えは大事です。今からコツコツ自分のために資産を作りましょう。
今日はこれにて。さようなら!

shinobee

年金制度も最早崩壊待ったなしに王手がかかりそうな雰囲気…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です