【第7弾】IPO応募しました【浜木綿(株)】

とりあえずIPOに参加します!もうどうにでもなーれ!

浜木綿(株)にIPO抽選申し込み!

shinobee

どうもShinobeeです。浜木綿(株)のIPO抽選に申し込みしました!

ブックビルディングに応募したのは『浜木綿(株)』です。JASDAQ、名証2部 への上場となります。
公募株数が少ないので、これまた当選が狭き門となりそうです。

shinobee

どうにか当選してくれ…!!


  • ブックビル期間:10/1 0:00~10/7 11:00
  • 仮条件:2,020~2,120円
  • 抽選結果:10/8 18:00~
  • 購入意思表示:10/9 0:00~
  • 上場日:10/18~
  • 公募310,000株、売出158,000株、オーバーアロットメントによる売出70,200株

狙い目のIPO株なので全力で申し込み参加です!

資金量があればあるほどIPO株へのBB申し込み回数や株数を増やすことができるので資金量がモノをいいます。

しかしSBI証券は一部を『IPOチャレンジポイント枠』としてIPOチャレンジポイントを多く使った人から順に当選するシステムがあるのでIPOチャレンジポイントがたまっている人はチャンスです!

shinobee

けっこう申し込んだつもりだけどまったく当たる気配すらない…これがIPOなのか…

IPOとは?

IPO(アイピーオー)とは、Initial Public Offering の略です。日本語では「新規公開」と訳されます。

企業が新たに資金を集めるために、会社の株を株式市場へ新規に上場し、売買できるようにすることです。

株式を上場すれば、株の売買が自由に行えるので資金調達が容易になります。

また上場することで会社としての信用・格付けも上げることになるためIPOは企業としてのメリットもあります。

IPO株が購入できるまでの流れ

会社がIPOを行い上場するためには、証券会社の事前審査を受け上場可能なのか正式にチェックします。
この審査で問題がなければ証券取引所に申請し、証券取引所の審査を受けここでも問題がなければ晴れて「上場承認」となります。

上場承認後のIPO株を購入するには引き受ける主幹事証券会社・幹事会社からIPO株の購入申し込みを行います。
IPO株を購入したい投資家は、そのIPO株の「目論見書」に目を通して購入手続きを行います。

ですが、購入申し込みをした投資家全員が株を購入できるわけではありません。
発行株数に対し、申し込み数が多くなることが多いため原則として抽選になることが多いです。

証券会社の抽選方法
各証券会社によって抽選方法が異なります。完全平等抽選の証券会社もあれば、一部を特定の抽選方法にて分配する証券会社もありますので注意しましょう。

運よく抽選に当たったら、購入の意思表示をします。

この時点で入金しなければいけない証券会社、もしくは事前に入金しなければいけない証券会社もありますのでご注意を。

あとは上場日まで待つだけです。
運悪く抽選に漏れてしまっても、拘束されていた資金は全額返金されますのでIPOは『初心者でも利益を出しやすい宝くじ』なんて言われているくらいです。

IPOのまとめ

IPO抽選に参加するメリット
  1. 初心者でも利益を出しやすい
  2. 8割近くの勝率で利益が出ている
  3. 難しい知識が要らない
  4. 初値で売るという売買タイミングが分かりやすい
  5. 購入手数料は公募価格に含まれている

IPO投資は初心者でも簡単に利益が出やすい投資方法の一種です。ただ最近はIPOの人気の過熱とともに申し込み数も多くなってきているためか、抽選に漏れやすい事が唯一のデメリットでしょうか…。

主幹事証券会社からの応募はかなり当選確率が低いので、なるべくは主幹事証券会社から応募しましょう。

YouTubeにIPOの解説動画がありました。僕が見た中で一番わかりやすかったです。

ともあれ、申し込みだけでもタダですし抽選に外れても拘束されていた資金は戻ってくるのでこれからもガンガン申し込みする予定です。

shinobee

ダメ元の精神でこれからもIPOは欠かさず抽選に参加だな!

※投資には元本割れ等のリスクがあります。投資対象および商品の選択など、投資にかかる最終決定はご自身の判断でなさるようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です