【初心者向け解説】FXはレバレッジを掛けられる!当たればデカいが、外れもデカい

FX

なぜFXは少額で取引できるのかのカラクリ

FXには超強力な魔法があります。それが『レバレッジ』です。

レバレッジとは『てこ』を意味しており、文字通り資金を何倍にもできる魔法のツールとなります。

基本的に日本のFX会社であればレバレッジは25倍までと法律で決められています。法人に関してはまた違ってくるのですがここでは割愛します。

このレバレッジが定められている倍率まで資金を大きくすることができます。

例えばですが、1万円をトレード口座に入金します。

レバレッジは25倍なので実質、25万円までの通貨を取引することが出来るようになります。

これがレバレッジ取引の素晴らしい部分でもあり、恐ろしい部分でもあるのです。

f:id:Shinobee:20190321231450j:plain

レバレッジは25倍なら資金量の25倍までの通貨を取引できる

レバレッジを最大まで上げると利益も25倍、損失も25倍

いいことずくめに見えますが、レバレッジには良い面も悪い面もあるのです。

例えばですが、レートが1円上下しただけで利益も損失も25倍となります。

f:id:Shinobee:20190321235242j:plain

利益も損失も25倍

例えば1$=100円の時にレバレッジ1倍であれば1万円は100$です。

レートが1円上下した場合100円の利益もしくは損失となりますが、レバレッジ25倍めいいっぱい取引していた場合、利益と損失が25倍になります。

まさしくドラゴンボールの『界王拳』や、ポケモンの『はかいこうせん』のごとく使った者に莫大な力をもたらしますが、使い道を誤れば反動がものすごく大きいのです。

レバレッジを掛けていれば預け入れた証拠金以上の損失がでる可能性もあるため、『追証』という不足分を補填しなければならない事態に陥ります。

これは口座を開設するときの書面締結にも書かれていますので、口座を開設するという事はそのことを承認したという事で『知らなかった』では済まされません。

もしFX口座を開設するのであれば一度きちんと目を通しておきましょう。

海外業者であればレバレッジは500倍以上、さらにゼロカットシステムも

海外のFX業者だとこういった想定外の損失が出た場合、預入証拠金を割り込みマイナスになったとしても『ゼロカット』システムがあり、業者側で肩代わりしてくれるシステムがあるのです。

さらに業者によって倍率は違いますが、レバレッジも400倍~888倍と高レバレッジを掛けられます。

単純に利益も400~888倍となるため、相場の予想がうまくいけば株式投資よりも利回りが良く、土日と特定の祝日を除いた24時間市場が開いているため最速で億り人になれる可能性はあります。

24時間ほぼ毎日市場が開いているため、FXは「世界最大級のオンラインカジノ」と呼ばれているのです。

しかしこれだけ高いレバレッジを掛けられると損失も400~888倍となるため、レートが1円どころか数銭動いただけで預け入れた証拠金が吹っ飛ぶため、やはりリスクは高いと言えます。
FXでは自分で取引通貨量を調整し、レバレッジを抑えることができますのでFX初心者解説本で口酸っぱく『低レバレッジ』で取引しようと言われている理由がこれにあたります。

一般的に初心者でも最大レバレッジは3倍ぐらいまでと言われています。

プロでも5倍ほどで取引していると言われいるのでハイレバレッジで取引するのがいかに難しいのかがわかるでしょう。

先述の通り、レバレッジが1倍程度であればたとえ10円レートが下がったとしても最悪1,000円の損失で済むため致命的なダメージを負うことはありません。

FXは投機性が高いため、余裕資金や過剰資金で始めることをお勧めします。

僕も過剰資金で始めたため大ダメージを負う前にFX市場から退場することができました。

初心者なら必ず余裕資金で始めましょう。

  • 国内FX業者はレバレッジを最大25倍まで掛けられる!
  • 国内業者であれば『追証』は覚悟しておくこと!
  • レバレッジはもろ刃の剣!利益も損失も25倍!
  • 海外業者はレバレッジが最大888倍の業者も!
  • レバレッジが高ければ高いほど数銭で証拠金が吹っ飛ぶ!
  • 初心者であれば必ず『低レバレッジ』で始めよう
  • 過剰資金や余裕資金で必ず運用すること!

以上がFXについてでした。